Scratch2.0のGPIOをつかってみよう

こんにちは。

前回は、Scratch2.0オフライン版をRaspberry Pi にインストールして
GPIOを使ってLチカをしてみました。(前回の記事はこちら★

 

今回は、Raspberry Piにつなげたセンサーの値を読み取ることができるように
Scratch2.0のGPIOソフトウェアを入れてみたいと思います。

※Scratch2.0対応のGPIOは現時点では正式リリース前のベータ版です。
 安定してご利用になりたい場合には、Scratch1.4に対応したGPIOをインストールしてください。
 (Scratch1.4のGPIOインストール方法はこちら★)

 

♦Sratch2.0GPIOのインストール

まず、パッケージを更新します。
ターミナルウィンドを開いて、以下を入力します。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

upgradeは少し時間がかかります。 更新が終わったら、インストーラをダウンロードします。

以下をコピーして貼り付けてください。

wget https://git.io/vQsDn -O isgh8dev.sh

インストール完了後に、次の文字を入力して実行します。

sudo bash isgh8dev.sh

 

 

♦Sratch2.0GPIOをつかってみよう

デスクトップに「Scratch2GPIO8devplus」が作成されます。
いくつかネコのアイコンが出来ますが、
「Scratch2GPIO・・・」をダブルクリックしてください。

 

 

Scratch2.0が起動します。
スクリプト「その他」を選び、「拡張機能を追加」ボタンを押します。

 

 

表示されたポップアップ画面で「Pi  GPIO」を選んで、OKを押します。

 

GPIOのブロックが追加されました。

無事にセンサーの値を読み取ることも出来そうです。

 

今回は、人感センサーで試してみます。
センサーは、焦電型赤外線センサモジュール「SE-10」を使いました。

 

SE-10には3本足があります。
基盤に「+」、「AL」マークがありますので、それを参考に
「+」側は5Vの2番ピンに、「AL」側はGPIOピン(ここでは19番ピン(GPIO10))にさし、
真ん中の線はGNDへ接続しました。

そしてLEDは21番ピン(GPIO9)へ接続します。

Scratchのブロックは下図のようにして実行してみます。

SE-10に同梱された説明書に記載されていましたが、
人体などの35℃程度の物体が動くとセンサーがそれを感知して
センサーの出力が「Low(0)」に変化します。

そのため、プログラムでは、センサーの出力値である19番ピン(GPIO10)の値が
「Hgih」の時はLEDは点灯せず、「Low」の時にLEDが点灯するように作りました。

 

近くで動くとLEDが光り、離れると消えました。成功♪