ロボットアームでプログラミング 2回目

Pocket

前回ひさしぶりにロボットアームを授業で使い
生徒さんたちから、もう少しやりたいという声もあったので
翌週もロボットアームを使って授業を行いました。

 

前回に引き続き、ドミノを並べたり重ねたりするプログラムにチャレンジです。

前回は、1回の実行で複数のドミノを並べるというところまでは、なかなかいかなかったのですが、
今回は、工夫して、1回の実行でドミノを何個か並べたり、重ねたりするプログラムを作成した生徒さんもでてきました。

 

一度に複数個のドミノを並べる方法は、大きく2種類に分かれました。

  • ならべる位置の座標を1つずつ指定する
  • 変数を使って一定の距離ずつ動かしていく

 

座標を指定していくプログラムは、こんな感じで、
一か所ずつ、アームの移動先の座標を指定しています。

 

 

変数を使ったものはこちら。
繰り返しと変数を使って、置く位置を変えています。
角度に乱数を使っているところがおもしろいですね。

 

どちらも生徒さん達が自分で考えて作ったプログラムです。すごいですね。

 

最後になりましたが、授業で使用しているロボットアーム「Dobot Magician Lite」は、株式会社GRIPSさんからお借りしています。
GRIPSさんでは、全国のCoderDojo向けへの無償貸出もされています。
詳しくは、こちらのサイトをご確認ください。
https://grips.co.jp/blog/press001/

https://news.coderdojo.jp/2021/04/28/dobot-rental-program/

 

 

Pocket