Raspberry PiとScratchで電子工作 -いざLチカ

こんにちは。
前回記事の、Rasberry Pi をつかってLチカ準備編(★)に続きまして、
いよいよ作っていきます!

 

Lチカ


・GPIO

いよいよRaspberry Pi(以降ラズパイと記載します)とつなげていくわけですが、
そもそもGPIOって何のことでしょう?

 

ラズパイにはいくつものピンが出ている部分があります。
この部分がGPIO(汎用入出力)です。
電子部品とつないで、さまざまな電子工作が可能になります。

〇の中に書かれた数字がピン番号を示しています。
ピンそれぞれに役割が決まっているものもあり、
例えば1番のピンは、3.3Vの電流が流れるピンになります。

 

3番や5番ピンのように、うすい黄色の〇のピンが
入力や出力端子として使えるピンになります。
電子工作では、それぞれのピンの役割を踏まえて使っていきます。

 

 

・ラズパイとLEDをつなごう

部品とラズパイをつないでいきましょう。
今回は9番ピンと11番ピンを使い、
前回の記事で紹介した、ブレッドボード、抵抗、LED、ジャンパーワイヤを
次の図のようにつなげます。

 

11番から流れた電気が抵抗・LEDを経由して
9番に戻っていく、という電気の流れになります。

 

 

・ScratchGPIOをつかってプログラム作り

ScratchGPIOを起ち上げて、GPIOサーバーを開始します。

 

 

制御ブロックの「・・・を送る」ブロックを使って、11番ピンからLEDへ電気を流します。

「・・・を送る」ブロックをスクリプト部分にもっていきます。
▼付近をクリックをし、「新規/編集」を選択して「pin11on」と入力します。

 

この「pin11onを送る」ブロックをクリックすると、LEDが点灯します。

 

同じように、新しく「・・・を送る」ブロックを使用して

今度は「pin11off」と入力します。

このブロックをクリックすると、LEDの点灯が消えます。

 

これらのブロックを利用して、自動でLEDが点滅するプログラムを作りました。
1秒ごとにLEDが消えたり光ったりするのを10回繰り返すプログラムです。

 

LEDを増やして、3つ点灯させてみました。
同時に点灯させたり、交互に点灯させたり、いろいろなパターンで楽しめます。

 

 

 

 

 

Raspberry PiとScratchで電子工作 -いざLチカ” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。