Raspberry Pi Scratch2.0オフライン版でLチカ

こんにちは。

Raspberry PiにScratch2.0オフライン版をインストールして
拡張機能としてのGPIOを使ってみました。
まずは、電子工作の初めの一歩でもあるLチカ!

Lチカに必要な部品についてはこちら★

 

♦Scratch2.0のインストール

最新のOS(rasbian)の場合はScratch2.0のオフライン版がインストールされていますが
入っていない場合はインストールを行います。
(参考)https://www.raspberrypi.org/blog/a-raspbian-desktop-update-with-some-new-programming-tools/

ターミナルを開いて、Raspberry Piのソフトウェアをアップデートします。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

 

Scratch 2.0をインストールします。

sudo apt-get install scratch2

 

インストールが終わったら再起動をします。

 

メニューの「プログラミング」→「Scratch2」からScratch2.0を起動します。

 

♦GPIO追加

スクリプトタブの「その他」の「拡張機能を追加」をクリックします。

 

「PI GPIO」を選んでOKを押します。

 

GPIOのブロックが追加されました。

 

♦Lチカ

さて、いよいよLEDライトを光らせてみましょう。

でもその前に。GPIOって何でしょう? 

GPIOは「General Purpose Input/Output(汎用入出力)」のことです。
Raspberry pi のGPIOのピンに、LEDライトなどの電子部品をつなげて制御したり
このピンにつなげたセンサーなどの値を読み取ることができます。

 

ブレッドボードを使用して、LEDライトとGPIOのピンを次のようにつなぎます。

 

Scratch2.0では、次のブロックを使って、上図のGPIOポート番号を指定して
命令を出します。(「ピン番号」ではなく「GPIOポート番号」を指定します。)

 

チカチカ点滅させるには、「output high」と「output low」を使います。

1秒間隔で点滅します。

 

LEDを点滅させたり、ということは出来ますが
Scratch2の拡張機能だけでは、ラズパイにつなげたセンサーの値を読み取る、
などは難しそうです。

電子工作をいろいろ楽しみたい場合は、やはり「Scratch GPIO」が必要になりますね。
(Scratch GPIOを使った電子工作については、こちら★に記載しています。)

 

以前の記事で利用したのは、Scratch1.4のGPIOパッケージですが
Scratch2についてもGPIOパッケージを開発中のようですので、
今度はそちらについても書いてみたいと思います。

 

 

 

 

Raspberry Pi Scratch2.0オフライン版でLチカ” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。