【レッスン風景】micro:bit電子工作 しゃくとり虫

こんにちは。
本日はレッスンの様子をお伝えします。

今月の電子工作は、micro:bitで作る「しゃくとり虫」。
micro:bitのサイトでも、工作例として掲載されています。
https://makecode.microbit.org/projects/inchworm


材料として用意したのはこちら
・micro:bit
・電池ボックス
・ワニ口クリップジャンパワイヤー
・ダンボール
・マイクロサーボモーター 9G SG90
・銅線(以前、工作で使用したものが大量にあったため、針金の代わりに使用)
・はさみ
・養生テープ


プログラムは生徒さんがそれぞれ作成しましたが、大きく2パターンに分かれました。

ひとつめは、
①プログラムをスタートしたら、一定回数動き続けるもの

ふたつめは、
②micro:bitを2つ使用し、1台をコントローラーとして使用するもの。
 コントローラー側から、サーボモーターと接続したもう1台のmicro:bitに、無線で信号を送って動かします。

コントローラー
受信側



初めは、micro:bitも電池ボックスも、すべてダンボールに貼りつけてみたのですが
重すぎるのか上手く動かず、、、
こちらの動画のように、ダンボールにはサーボモーターのみを貼りつける形に変更。


試行錯誤前。うまく前に進まないしゃくとり虫たち

プログラムも本体も完成!!!!



でも、動きはするものの、同じ場所で動くだけで、
まったく前に進んでくれません。


プログラムはちゃんと動くように出来ている。。。


という事で、ここから、子供たちの試行錯誤が始まりました。

テーブルとの摩擦で進めないのではないかと考えた子は、テーブルとの接着面にテープを貼って、スムーズに動かないかと考えたり、


重さのバランスを考えて、まっすぐに進むように工夫したり


ハサミで切り目を入れてみたり、テーブルとの接着面を増やしてみたり減らしてみたり・・・・



試行錯誤の甲斐あって、少しずつ前に進むようになりました。
そうしたら、今度は、より早く動くように、プログラムの改造に取り組む生徒さんたち。


改造後のレースの様子がこちらです。ちゃんと進むようになってる!

今回の工作は、今までにないくらい生徒さん達が自主的に改造に取り組み、とても盛り上がりました。

私も、生徒さん達につられて、時間を忘れて真剣に改造に取り組んでいました(笑)

うまく動かなかったからこその試行錯誤。とても素敵な学びになりました。