教室の様子 -Scratchで図形をかくプログラムをつくろう

こんにちは。

 

南行徳のプログラミング教室では、
講座の初めのうちは
「Sratchをつかってどんな事ができるか」を
知ってもらうために、シンプルな作品をいくつか作ってもらいます。

 

その中に、「四角形をかくプログラムを作ろう」というテーマがあり、
進め方はこんな感じです。

 

1.直線をひくプログラム

   ↓

2.四角形をえがくプログラム

   ↓

3.繰り返しブロックをつかって短いプログラムに改造

   ↓

4.角度を変えて、三角形にチャレンジ

 

「3.繰り返しブロックをつかって短いプログラムに改造」ぐらいまでは
みんな下の図のようなプログラムなのですが、

その後、それぞれにプログラムのアレンジが始まり
授業が終わる頃には、こんな風にいろいろな図形ができあがることもあります。

完全に子供たちのアレンジで、テキストには載せていないのですが
一人の子がアレンジしだすと、それを見て他の子もいろいろ試してみる
という風に、アレンジが連鎖していくようです。

子どもの柔軟さには、いつもとても感心します。