Kamibotで遊んでみました

こんにちは。

 

先日ある方面の方から、Kamibotを貸していただきました。

Kamibotは、プログラミング学習用のロボットで、
KamiCardやKamiBlockというアプリを使って
プログラミングができる他、
スマホなどにアプリを入れて、ラジコンのように動かすこともできます。

 

 

見た目もかわいいですね。
この写真では、Kamibotが青く光っていますが、
赤・緑・黄色・水色・ピンクの6色に光ります。

 

 

さて、せっかく貸していただいたので、何かしら作ってみたいと思います。

Kamibotには、赤外線センサーと超音波センサーがついていますので
今回はライントレーサーに挑戦です。

 

KamibotをiPadにインストールします。
(スマートフォンでも使用できます。)

Scratchみたいな感じですね。

 

 

Kamibotの下側に赤外線センサーが5つついています。

赤外線の反応を、次のような文を実行させて確認します。

 

白い紙の上にKamibotを置いて色を確認します。

 

Kamibotの下に黒の折り紙を置いてみます。

赤外線センサーが黒い色に反応して、「1」を返すことが確認できました。

 

それでは、真ん中の「3番赤外線センサ」が黒いライン上にある時に直進し、
左右のセンサの値が黒いライン上にある時に、左右に方向を変えるようにプログラムを作ります。

上の図では、「2番赤外線センサ」の値が「1」のとき
右モータの回転数をあげて左側に曲がり、

同様に、「4番」のセンサ値が「1」のときに
左モータの回転数をあげて、右方向に曲がるように動きをつくっています。

 

 

更に、両端の1番と5番のセンサが黒いライン上にある時には
より急角度で曲がるように、回転数をより大きくします。

 

超音波センサーも利用して、障害物がある場合はバックする動きもつけています。

 

出来上がりました♪

※この動画のライントレーサのコースは、別のライントレースロボットについていたものを使用しています。

 

 

 

ちなみに、KamiCardはScratchJrのような感じで小さいお子さんも取り組みやすそうです。

 

 

 

プログラミング教室BeFunでは、センサーをつかった電子工作プログラミングも行っています。
詳細はこちらへ。ぜひ一度ご験ください。
https://will-be.fun/school