夏休みプログラミング体験教室 開催レポート

夏休み中に実施した、micro:bitをつかった電子工作プログラミング講座のご報告です!

 

通常のレッスンに通っているお子さまや、昨年の夏の教室にも参加してくれたお子さまなど
リピートしてくれた方もいて、告知後すぐに満席となりました。

 

そして、なんと今年は、講座に参加してくれた生徒さんの作品が
学校で科学工夫作品に選ばれたそうです!!!
自治体の科学工夫作品展の候補になるようで、嬉しい限りです!!!!!

 

今年は、micro:bitの明るさセンサーを利用したびっくり箱を制作しました。

 

まずはプログラム作成です。

部屋の中の明るさと、micro:bitに箱をかぶせた時の明るさを調べて記録します。

 

調べた数値をつかって、明るい時に、音楽がなるプログラムをつくります。

さらに、文字を表示させたり、自由につくってもらいました。

 

プログラムができたら、型紙を切って箱をつくります。

思い思いに飾りつけをして、中にmicro:bitを仕込んだら完成!

 

いつものことですが、生徒さんの作品の写真撮影をすっかり忘れていて
終了後に残っていた生徒さんの作品を慌てて撮影させてもらいました。
全員分の写真が撮れなかったのが心残りです。