「Ozobotプログラミング」ワークショップを開催しました。

5月に、流山でOzobotを使ったプログラミングのワークショップを開催しました。

Ozobotとは、紙に書かれた線の上を走るロボットです。

タブレットの上でも動きます。

上の写真では、黒い線の上に、

赤や青の丸いマークが見えますが

これが、Ozobotへの命令信号になり

特定の色の組み合わせで

曲がったり、Uターンしたり、スピードが変わったりします。

ワークショップへは、

以前、Scratchでのゲーム作りに

参加してくれたお子さんたちが来てくれました。

今回は、パソコンは使わず

紙とペンとOzobotを用意音譜

「あれ、今日はパソコンじゃないの?」
と意外な顔をする子達でしたが

Ozobotを使い始めると、
「これ楽しい・・」とかなりハマってくれましたハウ~

紙の上のラインを走るOzobot

 

思い通りの動きをしてくれないOzobotに

曲がれ~と念じてみたり

手で進路妨害をしてみたりうへ

トライ&エラーを繰り返しながら

・Ozobotをどう動かすかを考える
・意図した動きにするには、一つ一つ正しく命令する

といった事が必要だと体感してもらえました。

コメントを残す